【注目の次亜塩素酸水】その効果とおすすめの商品を紹介!新型コロナウイルス対策にも!

世界的に観戦拡大が深刻化しつつある、新型コロナウイルス"COVID19"

3か月前までは普通の生活を送っていた我が国日本でも感染者が1万にを超え、もう他人事とは感じていられないレベルまで到達しております。

政府の緊急事態宣言により、不要不急な外出の自粛、テレワークの推進など私たちの日常が大きく変わりつつあります。 今までのごく普通と感じていた日常が奪われ、将来に不安を感じている方も多いことでしょう。

私たちの日常を取り戻すには国民1人1人が意識を持った感染対策をしていく他ありません。

そこでこの記事では新型コロナウイルスに最も有効だと言われている「次亜塩素酸水」について触れていきたいと思います

次亜塩素酸水

次亜塩素酸水とは??

次亜塩素酸水というのは、塩酸または塩化ナトリウム水溶液を電気分解することによって作られる、次亜塩素酸を主成分とした水溶液です。

2002年に殺菌料として認められ、食材やそれらを扱う機械や器具の洗浄および消毒に用いられてきました。 主に食品加工工場や厨房などしっかりとした除菌が必要な箇所で利用されています!

新型コロナへの効果は??

今1番気になるのは新型コロナウイルス対策にも活用できるのかという面ですね。 簡潔に言ってしまえば新型コロナウイルスに対しても有効であり、非常に強い殺菌能力で菌を酸化させることができます。

先ほども述べたように食品加工工場や厨房でも利用されることの多い次亜塩素酸水は殺菌能力や人体に対する影響を加味してもかなり強力な除菌剤とも言えます。

また次亜塩素酸ナトリウム水溶液に比べ、塩素の濃度も薄いため、肌につけた時の肌荒れや塩素臭も少なく安心して使うことができます。 様々なネット記事で取り上げられており現在は手に入りにくい状況になっています。

次亜塩素酸水を用いたおすすめの感染予防アイテム

1除菌水ジーア

出典:ジーア ホームページより

株式会社オーケンウォーターが開発した次亜塩素酸水を用いた「除菌液」になります。 スプレーボトルに入れて霧吹きのように使うもよし、加湿器に入れて部屋の空気を除菌することもできます。

ジーアが注目されているのはその強力な除菌力。 瞬時に細菌の不活化を実現しウイルスを酸化させることができます。 また次亜塩素酸ナトリウムの約80倍の効果がありその除菌能力は新型コロナウイルス対策にも有効です。

今注文をするとコンパクトタイプの「超音波加湿器」が無料でついてきます。この加湿器にジーアを入れて使用することで、空気全体の除菌を可能にします。

現在かなり注文が混雑しているため早めの注文をおすすめします!!

2ジアイーノ

出典:Panasonicのホームページより

 

Panasonicで製造している空気清浄機「ジアイーノ」。おそらく国内の空気清浄機で1番パワフルかつ除菌・消臭能力の高い空気清浄機だと思われます。

使い方は簡単で一般的な加湿器と同じ要領で水の交換を行ったあと、専用の塩タブレットを投入するだけ、約1分で準備が完了します。

商品のキャッチフレーズは「空気を洗う」すなわち空気洗濯機とでも呼べるようなパワフルさを持ち合わせています。 オフィスや病院などで用いられるほど認知度は高く、優れた除菌・消臭能力は25畳の広さまで行き渡らせることが可能です。

次亜塩素酸を用いたこの商品は新型コロナウイルスにも有効であると言えるでしょう。

3ZiACO

出典:ZiACO ホームページより

CMでもお馴染みの大手ウォーターサーバーメーカーの「クリクラ」が開発した次亜塩素酸水溶液です。

専用のスプレーや定期便を契約された方にレンタル品で貸し出される空気清浄機を用いて部屋の隅々まで除菌・消臭を行うことができます。

大手飲料水メーカーの「クリクラ」が1番押しているポイントはその安全性にあります。肌に触れても安心の成分で赤ちゃんやペット、高齢者がお住いの方でも安心して利用することができます。

またレンタルの加湿器付きですので空気丸ごと除菌することができるのでいちいちスプレーで部屋の中の除菌をする必要がないので楽ですね。

万が一機会が故障した場合でも手厚いサポートで別途修理代金を払う心配もありません。

こちらの商品も現在注文が殺到していますのでお早めの注文をおすすめいたします。

まとめ

今大注目の「次亜塩素酸水」。経済産業省にも新型コロナに有効的な除菌剤として認められてからその売れ行きは伸びるばかりです。

ドアノブやトイレなど菌が付着しやすい場所に用いることでその効果は向上します。

「次亜塩素酸水」での除菌をしたいとお考えの方は、早めの注文をおすすめいたします。

また新型コロナウイルスの感染予防として1番有効的なのが政府が要請しているように「不要不急な外出の自粛」です。 もうすでに日本各地どこにいようが安全と言い切れる場所はありません。 人との接触を控え、自宅でゆっくり過ごすことこそが感染のリスクを最小限に抑えることに繋がります。

特に学生さんは毎日「暇だなー」なんて感じて過ごしていることと思います。 自宅でも楽しめるコンテンツはたくさんあります。そこで外出したい気持ちをグッと堪えて1日でも早く元の日常を取り戻せるように頑張っていきましょう。

1人1人の意識を持った行動でまた"いつも通りのクラシ"を取り戻しましょう。

この記事をご覧いただきありがとうございました。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事